コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:2013年度12月のこだわり食材『いちご』(Coby's Kitchen)

2013年度12月のこだわり食材は、埼玉県松伏町の「いちごスタジアム」で生産された『初採りいちご』です。 「いちごスタジアム」は、7年前に松伏町の舛田さんが運営を始めました。黒マルハナバチによる自然受粉、高設水耕栽培で低農薬「実が付いてからは、無農薬」での栽培を行っています。 ぎりぎりまで完熟させたいちごは、直径が約6cmになり、種も皮も柔らかく安全で味も香りも格別です。
 いちごは、11月中旬頃から1番枝の収穫が始まり、5月頃の4番枝・5番枝まで続きますが、少しずつ味や大きさが低下していくそうです。今回は、1番枝の『初採りいちご』を使用します。
 現在いちごスタジアムでは、かおりの・紅ほっぺ・とちおとめ・やよいひめ・あきひめの5種類を栽培していますが、出荷当日に1番良い品種を選んで納品いただきます。
 今回は、いちごの素材を生かし、苺とカスタードクリームをクレープで食べやすく包んでシンプルに仕上げました。

《初採りいちごのクレープ レシピ》
●材料●22cmフライパンで6枚分

■クレープ生地■
薄力粉 33g
グラニュー糖 17g
牛乳 1/2カップ
全卵 SSサイズ1個(40g)
無塩バター 小さじ3強(13g)
バニラエッセンス 少々

■カスタードクリーム■
牛乳 1/4カップ
卵黄 SSサイズ1/2個分(10g)
グラニュー糖 大さじ1弱(10g)
薄力粉 小さじ1
バニラエッセンス 少々
キリッシュ 少々

■仕上げ用■
いちご 5個
ミントの葉 少々

【道具】
ボウル、ホイッパー、鍋、木べラ、漉し器、包丁、絞り袋、計量スプーン、スプーン、バット、フライパン(22cm)、計量カップ

●作り方●
■クレープ生地■
1.無塩バターを鍋で溶かす。
2.ボウルに薄力粉をふるって、グラニュー糖と合わせる。
3.2に牛乳と卵を入れてホイッパーで、ダマが無いように混ぜ合わせる。
4.3に1を少しづつ分離しないように、つなぎ入れる。合わせたものを、冷蔵庫で1時間休ませる。
5.4にバニラエッセンスを入れ、およそ6等分し、フライパンで両面焼く。

■カスタードクリーム■
1.鍋に牛乳と、グラニュー糖の分量のうちの少量を入れまぜて火にかける。(沸騰しない程度に)
2.ボウルに卵黄と残りのグラニュー糖を入れて、ホイッパーで白っぽくなるまで混ぜる。
3.2に小麦粉を入れて混ぜ合わせる。
4.3に1を少しずつ混ぜながら入れる。 濾して鍋に戻す。
5.火にかけて、常に混ぜながら沸騰して、さらに1分ほど 火にかける。
6.バットに移して表面にラップをして、急いで冷ます。
7.冷めたら裏ごしして、キリッシュを入れてホイッパーで滑らかになる様に混ぜる。

■仕上げ■
1.いちご3個は半分にカットする。残りの2つは、1/4にカットする。
2.皿にクレープ生地を広げ、絞り袋でカスタードクリームを絞り、半分にカットしたいちご1切れを乗せる。
3.完成写真のように、クレープを包む。
4.1/4にカットしたいちご1切れ、ミントの葉を添え、完成。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場