コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:2014年度4月こだわり食材『そら豆』(Coby's Kitchen)

 2014年度、最初のこだわり食材は、『そら豆』です。
 今回は、鹿児島県指宿市水迫地区の『そら豆』を使用して、「そら豆のヨーグルトムース」をご提供します。
 鹿児島県指宿市は、そら豆の出荷量が全国1位で、その中でも水迫地区のそら豆は品質が良いことで有名です。今回納品をお願いした「まめそら」さんは、この水迫地区でそら豆の専門店を営まれています。まめそらさんでは収穫、選別、発送を全て自社で行っているため、鮮度の良い取れたてのそら豆を産地直送で発送してくれます。種からこだわっており、市販の種は使用せず、自家栽培した種専用のそら豆畑から厳選採取した種を使用し、栽培されています。
 品質のいいものを細かく厳選し、植えては次シーズンに向けて種作りを行っているのです。水迫地区のそら豆はサヤがしっかりとしていて太く、実が立派なのが特徴です。
 そら豆の主成分はでんぷんとタンパク質ですが、カロテン、ビタミンB1、B2、Cが豊富で代謝促進、疲労回復に効果があります。特に脂肪の代謝や細胞の再生にも働いているビタミンB2が、実えんどうや枝豆など未成熟の中では、最も多く美容効果もあり、お子さまの成長を促して健康な皮膚や髪を維持してくれます。
 ご提供する「そら豆のヨーグルトムース」は、そら豆のペーストをふんだんに使い、生クリームでコクを出し、ヨーグルトを加えることで爽やかな後味の春らしいムースに仕上がりました。
 うぐいす色の香り豊かで濃厚なそら豆の味をどうぞご堪能ください。

《そら豆のヨーグルトムース レシピ》
●材料●8cm×24cmのバット1台分(3cm×4cmのムース16切れ分)

■ムース■
そら豆 400~500g(正味茹でた豆130g程)
塩 大さじ1
粉ゼラチン 5g
砂糖 60g
水 150ml
生クリーム 100ml
プレーンヨーグルト 60g
ハードビスケット 50g
バター 20g

■飾り用■
生クリーム 30ml
砂糖 8g
〈そら豆をつけるシロップ〉
砂糖 100g
水 100ml

《使用器具》
鍋、ボール、ざる、まな板、包丁、ハンドミキサー、フードプロセッサー、こしあみ、絞り袋、バットか型、クッキングシート

●作り方●
■ムース■
下準備
 ・そら豆はサヤから豆を取り出しておく。お湯(分量外)を沸かし、塩を入れ、2分程度茹でる。熱いうちに、薄皮から取り出しておく。
 ・粉ゼラチンは水(分量外、大さじ2程度)で戻しておく。
 ・ハードビスケットはフードプロセッサーで細かくくだいておく。

1.茹でたそら豆を、飾り用に8粒残して、裏ごしするかフードプロセッサーにかける。(フードプロセッサーの場合は分量の水から少しミキサーに入れる。)
2.くだいたハードビスケットに溶かしたバターを混ぜ、バットに5mmぐらいに伸ばして冷やしておく。(この時、バットにクッキングシートを敷いておくと、取り出しやすい。)
3.鍋に水と砂糖30g、裏ごししたそら豆を入れて、混ぜながら熱し、沸騰したら水で戻したゼラチンを入れ、火を止めよく混ぜて完全に溶かしてから粗熱をとる。
4.生クリームに残りの砂糖30gを加えて泡立て、ヨーグルトを混ぜる。
5.3を鍋ごと氷水で冷やしトロリと固まりかけてきたら、素早く4と合わせる。
6.2に5を流し入れ平にする。(高さ3㎝位に入れる)冷蔵庫に入れ冷やし固める。
7.固まったら3cm×4cmにカットする。

■飾り用■
1.生クリームに砂糖を加え、泡立てる。絞り袋に入れて冷やしておく。
2.砂糖、水(シロップ用)を煮立てて熱いうちに飾り用に残しておいたそら豆をつけ冷ましておく。

■仕上げ■
1.皿にムースを盛り付けし、飾り用ホイップを写真のように絞る。
2.飾り用に準備した、そら豆のシロップづけをカットし、写真のように飾り付けて完成。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場