コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:2014年度2月こだわり食材『地養鳥』

 2014年度2月のこだわり食材は、『地養鳥』です。

 地養鳥は、肉の味・質の向上を目的とした特許商品で、ナラ等の広葉樹を主体とした樹木の樹液(木酢液)をゼオライト(沸化石)に吸着させ、さらに海藻、ハーブ等を混合した純天然飼料「地養素」を与え肥育した鳥です。徹底した健康管理で体質改善を行い、旨味とコクのまろやかな鶏肉本来の味に仕上がっています。臭いがほぼ完全に分解され鶏肉ならではの臭味がほとんどなく、誰にでも美味しく召し上がっていただけるお肉です。
 今回は、地養鳥の本来の旨味を引き立たせるため、お肉にはハーブソルトをまぶし、オリーブオイルにおろしニンニクを合わせたマリネ液に漬け込み、皮目は強火でパリッと香ばしく焼き上げ、中は弱火でじっくりジューシーに仕上げます。ソースは口に入ると赤ワインの酸味とビターチョコの風味が広がるブラウンソースで仕上げた「地養鳥のソテーショコラソース添え」をご提供
します。
 チキンとチョコレートの意外な組み合わせをお楽しみください

全国地養鳥協会HPはこちら 

《地養鳥のソテーショコラソース添え レシピ》
●材料●4人分
鶏もも肉 600g
ハーブソルト 小さじ1
ニンニク 1片※おろしておく
オリーブオイル 大さじ3 
無塩バター 24g
玉ねぎ 90g
マッシュルーム 10個
赤ワイン 120cc
中濃ソース 大さじ2  
ケチャップ 大さじ1
ビターチョコレート 24g
生クリーム 大さじ2
鶏ガラスープ 30ml
粒マスタード 小さじ1
塩 適宜
コショウ 適宜
パセリ 少々

《使用器具》
包丁、まな板、ボウル、鍋、フライパン、バット

●作り方●
1.おろしニンニクとオリーブオイルを混ぜて、ハーブソルトをまぶした鶏肉を漬け込む。(20分程度)
2.熱したフライパンに鶏肉を皮目から入れ皮がパリッとするまで弱火で焼く。裏返してさっと焼いてとりだす。取り出した鶏肉をバットに移し常温でねかせ、出た肉汁は取っておく。
3.玉ねぎとパセリはみじん切り、マッシュルームは少し厚めにスライスしておく。用意した無塩バターの半分強と玉ねぎをフライパンに入れ焦がさないように、甘味がでるまで炒め、そこにマッシュルームも加えさらに炒める。赤ワインを加え時々混ぜながら1/3量になるまで煮詰める。
4.鶏ガラスープは水100mlに30gの鶏ガラだしでスープを作っておく。鶏ガラスープ、中濃ソース、ケチャップ、ビターチョコレート、生クリームを加え弱火で混ぜ合わせる。ソースの味濃度をみながら塩、胡椒、肉汁を加え調整する。火から鍋をおろし粒マスタード、残りの無塩バターを加える。(粒マスタード、無塩バターを入れてからは火をいれない)
5.鶏肉をカットしお皿に盛り付けソースをかけ、パセリのみじん切りをふりかけ完成。



ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場