コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:収穫祭を行いました(コビープリスクールのだ)

サムネイル:収穫祭を行いました(コビープリスクールのだ)

 19日(木)に、収穫祭を行いました。
 収穫祭に先がけて、5月に苗を植え、大切に育ててきたサツマ芋を掘りました。土の感触を、楽しみながらたくさんの芋を掘ることができ、子どもたちは大満足な様子で、収穫祭に向けて期待も高まったようでした。
 収穫祭では、カトレア組が全園児を代表し、サツマ芋や、大根、人参などをの皮をむき、慎重に切ってクッキング体験をしました。家庭で練習をしてきたという子も多く、上手にクッキングをすることができました。
 その後は皆で大きな鍋を囲み、食材を入れる様子を見学しました。子どもたちからは、「おいしくなぁれ」という声が聞かれ、完成を心待ちにしているようでした。
 皆大切に育ててきたサツマ芋の入った芋煮汁は格別に美味しかったようで、多くの子がおかわりをし、収穫の喜びを味わうことができました。


サムネイル:収穫祭を行いました(コビープリスクールかみめぐろ)

サムネイル:収穫祭を行いました(コビープリスクールかみめぐろ)

 公園の木々が葉を落とし、黄色や赤の絨毯を敷いています。
 先日園では、収穫祭を行いました。カトレア組が千葉県にあるコビー食育菜園で収穫してきたサツマ芋を使って芋煮汁を作りました。スイトピー組はサツマ芋とゴボウを洗い、すずらん組はこんにゃくと白菜を手でちぎり、カトレア組は包丁を使って慎重に大根と人参を切りました。小さいクラスの子どもたちも「がんばれ!」と近くで見学をしながら、お兄さん、お姉さんたちの応援をしました。
 食材が揃うと外へ行き、釜に火をつける様子を皆で見学しました。薪に火がつくと、「うわあ。」と歓声を上げたり、口を閉じて真剣に見つめたり、皆興味津々で見ていました。最後に「美味しくなあれ、美味しくなあれ。」と魔法をかけできあがるのを心待ちにしていました。完成したサツマ汁は、皆で昼食でいただき、夕方にはお迎えにいらした保護者の方々にも振る舞わせていただきました。「僕が切ったんだよ!」「私がちぎったんだよ!」と保護者の方に嬉しそうに話す子どもたちの姿が印象的でした。


サムネイル:2015年度11月こだわりの逸品『ジャレ・ド・ブーフのポトフ』(Coby's Kitchen)

 こだわりの逸品第8弾は、「ジャレ・ド・ブーフのポトフ」です。フランス語で、ブーフは牛、ジャレはすね肉という意味がありますが、今回は牛すじ肉という意味で使用しています。

 ポトフは、フランスの代表的な家庭料理の一つで、鍋に塊のままの牛肉、野菜類、香辛料を入れて長時間煮込み、煮汁をスープとして食べる、澄んだポタージュの一種です。
 肉と野菜は適当な大きさに切って大皿に彩りよく盛りつけ、粗塩、こしょうを添えてスープとともに提供します。

 今回のこだわりでは、様々な野菜を牛すじ肉のブイヨンで煮ることによって、野菜の香味や旨味が牛すじ肉の甘みと合わさり、具材にも美味しい味が染みて、濃厚なスープがとれます。
 ごぼうの鼻にすっと抜ける独特な風味が今回のポトフのポイントになっています。また生姜を使用する事で、寒い時期に体温まるスープになるよう仕上げました。

《ジャレ・ド・ブーフのポトフ レシピ》
●材料●3人分
■ブイヨン■※830㏄分
牛すじ肉 300g
人参 70g
セロリ 30g
生姜 20g
長葱 15g
こしょう(ホール) 1粒
クローブ(ホール) 1粒
ローリエ 1枚
水 2ℓ

■ポトフ■ 
上記で作ったブイヨン 400cc
ポロ葱 10g ※縦半分、繊維に垂直で5mm幅に切る
玉葱 30g ※半分に切ってくし切り
大根 30g
ウインナー 3本 ※1本を三等分にカット
人参 10g ※下茹でして乱切り
ごぼう 10g ※下茹でして乱切り
じゃが芋 100g ※下茹でして乱切り
ブロッコリー 3g ※下茹でして乱切り(一口大)
★ブイヨンをとった後の牛すじ 75g ※1個10g程度に切り分ける
塩 少々
こしょう 少々


《使用器具》
まな板、包丁、鍋、ざる、クッキングペーパー

●作り方●
■ブイヨン■
1.牛すじ肉を洗い、残っている血や余分な脂を落とすため、沸かしたお湯で下ゆでする。
2.1とその他の材料を鍋に入れ、2ℓの水を加え4時間煮込む。水かさが減ってきたら随時水またはお湯を足す。
3.牛すじ肉をバットに取る。
4.クッキングペーパーをひいたざるでその他の材料と脂を漉す。脂が残るようならもう一度行う。

■ポトフ■
1.ブイヨンで材料を煮る。
2.塩こしょうで、スープと具の味をととのえる。
4.盛り付け完成。


サムネイル:秋のピクニックに出かけました(コビープリスクールのだ)

サムネイル:秋のピクニックに出かけました(コビープリスクールのだ)

 12日(木)に、清水公園まで秋のピクニックに出かけました。
 朝は少しひんやりとしたお天気でしたが、子どもたちが出発する頃には太陽が顔を出し、ピクニック日和の1日となりました。
 清水公園では、ちょうどきれいに色づいた木々を観察しながらお散歩をしたり、広場で木の実を拾ったり元気に走り回って楽しく過ごしました。
 待ちに待った昼食では、保護者の皆様に朝早くから準備していただいたお弁当を美味しくいただきました。 大自然の中で大好きなお友だちと食べるお弁当は格別だったようで、子どもたちの笑顔が溢れていました。


サムネイル:秋のピクニック(コビープリスクールみなみおおいずみ)

サムネイル:秋のピクニック(コビープリスクールみなみおおいずみ)

 16日(月)に、秋のピクニックに出かけました。
 カトレア、すずらん、スイトピー、なのはな、すみれ組のお友だちはバスに乗って小金井公園に行ってきました。広々とした公園でたくさんゲームをしたり、走ったりと身体を十分に動かして遊びました。落ち葉やどんぐりもたくさん落ちていて、ギザギザのある葉や紅葉している葉を観察する姿や、枯れ葉を掻き分けるようにしてドングリを真剣に探す姿がありました。カトレア、すずらん、スイトピー組は、自分たちで作ったブーメランでも遊びました。投げて自分のところに戻ってくる様子や、ブーメランが回ってカラフルに見える様子に大興奮し、何度も投げて遊んでいました。
 つぼみ組は散歩車に乗って、周辺を散歩してきました。保育士が「おはようございます」と近所の方と挨拶をしていると、つぼみ組もペコっとお辞儀をして挨拶をしていました。いろいろなものを見て「あっ」と指差し、釣堀りに行くとお魚を真近で見せたもらい大喜びしていました。
 昼食は、保護者の方に作ってもらった愛情いっぱいのお弁当をお友だちや保育士と見せ合い、「お母さんが作ってくれたんだよ!」と嬉しそうに会話しながら食べていました。小さいお友だちも手づかみで夢中で食べていました。お忙しいなか、朝早くからお弁当作りにご協力いただき、ありがとうございました。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場