コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:2016年度4月こだわりの逸品『京たけのこのグリル』(Coby's Kitchen)

 子どもたちの豊かな舌の記憶を作る食育の取り組みとして提供してきた「こだわりの逸品」。
今年度は「野菜」をテーマに月ごとの旬の野菜に徹底的にこだわり、季節を感じられる逸品を提供してまいります。
 シリーズ第13弾として、4月は京都産の京たけのこをご堪能いただきます。
 京たけのこは、「白子たけのこ」とも呼ばれ、その白さと、えぐみやアクがなく、そのまま食べられるほどの軟らかさが特長です。
 1年という歳月をかけて竹藪の手入れを行い育てられ、収穫時もたけのこのえぐみやアクを出さないように夜明け前に土に埋まっている状態から掘り出されます。
 栄養面では、たけのこは食物繊維が多く、腸の働きを活発にし、コレステロールの吸収を抑える効果があります。また、便秘や動脈硬化の予防効果も期待できます。その他にも、疲労回復に効果があるアスパラギン酸や、やる気や集中力を高めるチロシンも豊富に含まれています。
 今回は、京たけのこの素材そのままの味を子どもたちに味わってほしいと、味付けはせずに蒸し焼きでご提供します。まずはそのまま味わっていただき、次に藻塩をつけてお召し上がりいただきます。藻塩独特の甘さがたけのこの味を一層ひきたて、また違う風味を楽しむことができます。

《京たけのこのグリル レシピ》
●材料●10食分
京たけのこ 80g
米ぬか 適量
藻塩 少々
たかのつめ 2~3本

《使用器具》
鍋、包丁、まな板、アルミホイル

●作り方●
1.たけのこは、1~2枚皮をむき、先の方を縦に斜めに切り、真ん中に切りこみを入れる。下のイボの部分をそぐ。
2.鍋にたけのことたかのつめを入れ、水はたけのこがかぶるくらいたっぷり入れる。
3.米ぬかを入れて火にかけ、沸騰してから30分くらい茹でる。
4.火をとめ、そのまま常温になるまで冷ます。
5.皮をむいたら冷水で、さらしておく。
6.たけのこを半分に切る。
7.たけのこをアルミホイルで包み、160℃で20分加熱する。
8.たけのこをさらに半分に切り、2~3㎜の厚さのいちょう切りにする。(先の方は、いちょうに切ると小さくなってしまうので、たてに同じ厚さに切る。)
9.藻塩を添え、皿に盛って完成。

*今回は京たけのこの味を堪能していただくため、あえて味付けはしていません。スーパーで購入したたけのこを使用する場合は、だし汁で煮たあとアルミホイルで焼くと風味が出て美味しくいただけます。
*今回藻塩は広島呉 蒲刈島特産の「海人の藻塩」を使用しました。


サムネイル:ちゃんばらごっこを楽しみました(コビープリスクールかめいど)

サムネイル:ちゃんばらごっこを楽しみました(コビープリスクールかめいど)

 来月5日(木)の端午の節句を前に、園では今日、ちゃんばらごっこを開催しました。
 この日のために新聞紙で制作した兜と刀を身につけ、子どもたちは戦いが始まる瞬間を今か今かと待ちわびていました。袴を履いたスタッフをみると、「すごい! テレビでみる侍みたい!」と興奮していました。
 ちゃんばらがスタートすると、頭は叩かないなどの約束事を良く守り、笑顔で楽しむことができました。特に、大きいクラスのお友だちはスタッフ相手に果敢に立ち向かい、刀で叩かれても笑顔でお友だちを追いかけていました。
 また、すこやかな成長を願い、昼食では特別メニューとしてちまき風おにぎりを、おやつには柏餅をいただきました。


サムネイル:戸外活動を楽しんでいます(コビープリスクールさくらのさと)

サムネイル:戸外活動を楽しんでいます(コビープリスクールさくらのさと)

 新年度が始まり1カ月が経とうとしています。藤の花も見頃を迎える季節となりました。
 清水公園という自然豊かな施設が近くにあるという幸せな環境の中、今年度もたくさん自然とお友だちになれるような活動を考えていきたいと思っています。桜の咲く時期は、園児皆でお花見に行きました。
 新しい生活に戸惑っていた子も、担任との信頼関係が芽生えてきたことで笑顔が増え、それぞれに園生活を楽しんでいます。また、5才児は、今月中旬からリーダー活動が始まりました。積極的に小さい子の面倒を見る姿を見てとても頼もしく思います。
 今年度も、年齢に合わせた活動を取り組んでいくと共に、異年齢児との関わりを通して思いやりに溢れた1年にしたいと思っています。


サムネイル:サッカー保育が始まりました(南部保育所)

サムネイル:サッカー保育が始まりました(南部保育所)

 保育所では、はと組とつばめ組を対象にサッカー保育を取り入れています。 22日(金)に、今年度初めてとなるサッカー保育を実施し、これから毎週金曜日に行っていきます。
 はと組は、昨年度に引き続きサッカー保育の日を楽しみにし、多くの子がサッカーのユニフォームを着用して登所していました。 つばめ組も、待ちに待っていたサッカー保育を朝からとても楽しみにしており、コーチの話を真剣に聞いて参加する姿が印象的でした。
 今年度初回となる練習では、サッカー保育中の約束事を確認したり、ゲームをしたりして楽しく過ごしました。子どもたちからは、「まだやりたい」という言葉や「次はいつだろう」と早くも次のサッカー保育を楽しみにする声がたくさん聞かれました。
 はと組は、今年はサッカー大会で「コビーカップを取り戻すぞ」と気合十分です。1年間楽しくサッカー保育に参加しながらコビーカップでの優勝を目指します。


サムネイル:こいのぼりを揚げました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:こいのぼりを揚げました(さくらんぼ保育所)

 22日(金)に、全園児でこいのぼりを揚げました。
 つき組、そら組の子どもたちがこいのぼりのしっぽを持ち、地面につかないようにしてお手伝いをしてくれました。自分の身体より大きなこいのぼりを、注意しながら丁寧に支えていました。他のクラスのお友だちは、こいのぼりが揚がるのを今か今かと期待を持って見つめていました。「10、9、8...」さくらんぼ保育所の子どもたち、職員が声を合わせて大きな声でカウントダウンをしました。
 「0!」と同時にこいのぼりが空高く揚がると、その大きさに驚いてびっくりする子、嬉しそうに飛び上がる子、じっとこいのぼりを見つめている子とさまざまな子どもたちの表情を見ることができました。その後、こいのぼりが優雅に泳ぐ空のもとで戸外遊びをしました。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場