コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:2016年度5月こだわりの逸品『グリーンアスパラのボイル』(Coby's Kitchen)

 シリーズ第14弾として、2016年度5月は北海道産のグリーンアスパラをご堪能いただきます。
 アスパラは、種をまいて収穫できるまで、約3年もの月日を要します。そして北海道の大地で育ったアスパラは、皮が柔らかく甘みが凝縮されています。栄養面では、アスパラにはアスパラギン酸が多く含まれています。アスパラギン酸は、身体のスタミナをつけ、疲労に対する抵抗力を高める作用があります。また、ミネラルを効率よく体内に循環させる作用もあります。ミネラルはエネルギーの代謝を高め、効果的に疲労回復を素早く促進し、身体の活力をアップさせる効果を発揮します。
 今回は旬の野菜の味を子どもたちに味わっていただきたく、塩水で茹で、氷水で引き締めるというシンプルな調理方法で作ったアスパラをご提供します。1本はそのまま味わっていただき、2本目は粟国の塩をつけてお召し上がりいただきます。粟国の塩独特の甘さがアスパラのうまみを一層ひきたて、1本目とはまた違う味を楽しむことができます。

《グリーンアスパラガスのボイル レシピ》
●材料●5人分
グリーンアスパラガス 2.5本(約75g)
水 250ml(茹で水)
塩 小さじ1/2強 ※水100に対して1.1%

《使用器具》
鍋、菜箸、包丁、ピーラー、キッチンペーパー、ボウル又はバット(氷水に漬ける用)

●作り方●
【下準備】
バットにアスパラガスが完全に浸かる氷水を用意しておく。

【作り方】
1.アスパラガスを流水で洗い、根本の固い部分を2~3㎝ほど包丁で切る。
2.根本2㎝程をピーラーで皮を剥き、はかまは包丁でとる。
 ★(皮は捨てずにガーゼで包む)
3.鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら2の★を入れ2分したら取りだす。
4.塩を加え、アスパラガスを入れ約2分茹でる。※茹ですぎに注意
5.アスパラガスを取りだし氷水の中に入れ芯まで冷やす。
6.氷水から取り出しキッチンペーパーでしっかりと水気をとる。
7.アスパラガスを縦半分に切り、4等分にして皿に盛り完成。

※今回使用した塩は沖縄県粟国島の《粟国の塩》ですが、家庭用の塩でも十分美味しくいただけます
    


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場