コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:CSAに参加しました(コビープリスクールみなみおおいずみ)

サムネイル:CSAに参加しました(コビープリスクールみなみおおいずみ)

 コビープリスクールの夏の一大イベント、コビーサマーアドベンチャーに、すずらん、カトレア組のお友だちが行ってきました。マウントキングから与えられたミッションをクリアしようと、戦場ヶ原トレッキングや魚のつかみ取り、トワイライトハイキングなど、いろいろなことに挑戦してきました。ミッションを見事に達成した子どもたちは、一回りも二回りも大きくなって園に帰ってきました。
 園でお留守番をしていた他のクラスの子どもたちも、「どんなことをしているんだろう」「早く帰ってこないかな」気にしていました。また、「すずらんさんになったらいけるんだよ」と今から楽しみにしている子もいました。
 キャンプから帰ってきてから、経験したことを話して聞かせてくれたり、たくさん刺激を受けたようでした。これから、サマーアドベンチャーで経験したことを絵に描いて、他のクラスのお友だちに発表したいと思います。


サムネイル:CSAに参加しました(コビープリスクールなかまちだい)

サムネイル:CSAに参加しました(コビープリスクールなかまちだい)

 コビープリースクールズでは、1泊2日のお泊りでコビーサマーアドベンチャーというサマーキャンプを開催しています。大自然の中でトレッキングをしたり、魚のつかみ取りをしたり、野菜収穫をしたりと、保護者から離れて過ごす2日間でいろいろな体験をします。
 今年度は8月17、18日で行われ、コビープリスクールなかまちだいもカトレア組1名、すずらん組1名が参加しました。バスはコビープリスクールかみめぐろの園児と一緒でした。ザリガニ釣りで一度会っていましたが、久しぶりの再会に緊張しているようでした。しかし、日光の戦場ヶ原へ着くころには少し緊張も解けたようで、笑顔が見られました。初めてのトレッキングでは、岩や木の根をまたぎながら、また滑りやすくなっている土に足を踏ん張りながら、歩くことに苦戦していましたが、ゴールの湯滝の音が聞こえると、自然と笑みがこぼれ足取りも早くなっていました。ゴールにつくと、ほっとした様子で達成感を感じたようです。バスは移動をし、かたしな高原へ着くと魚のつかみ取りをしました。山の冷たい水に「冷たい。」と言って一度足を引っ込めていましたが、周りのお友だちが魚を捕まえ始めると、一生懸命追いかけました。いざ捕まえるとなると躊躇していましたが、思い切って捕まえると、嬉しそうに魚をスタッフに見せていました。トワイライトハイクでは、高原を歩きながら沈む夕日を眺めました。高原では、バッタやトンボ、コオロギなどの虫たちと、ニッコウキスゲやアジサイなどの植物を見つけ、興味津々でした。夜のナイトフェスでは花火が上がり、マウントボーイズの歌に光る団扇をふりながら盛り上がっていました。1日たくさん身体を動かし、疲れたようで布団に入るとすぐに寝入っていました。
 2日目は高原を散策した後、体操をしました。少しひんやりとした山の澄みきった空気が、心地よく感じました。朝食後は菜園へ行き、大根、青梗菜、はつか大根、トマト、トウモロコシを収穫しました。大根はとても大きく、力強く踏ん張っても子どもたちの力ではとても抜けないほどだったので、スタッフに手伝ってもらいました。青梗菜も畑になっているのを見るのは初めてで、土に植わっているのが不思議なようでした。トマトは黄色いもの、赤いもの、大きいもの、ちいさいものなど色々な種類のトマトがあり、気に入ったトマトを嬉しそうに収穫していました。ドローンも登場し、空から子どもたちの様子を撮影しました。子どもたちもドローンを見つけると「おーい。」と元気に手を振っていました。最後のFunFunCSAでは、お世話になったスキー場の方々に缶バッチをプレゼントしました。また、みんなでダンスを踊ったり、歌を歌ったりして、頑張った2日間を思い浮かべながら、また達成感を感じながら思いっきり楽しみました。
 園に戻ると、保護者の姿を見てほっとしたようで、甘える姿も見られましたが2人の絆はより一層深くなり、精神的にも体力的にも成長できたのではないかと思います。
 保護者の皆様も心配だったことと思います。また、今回CSAに参加するにあたって、たくさんのご協力とご理解いただきありがとうございました。


サムネイル:コビーサマーアドベンチャーに参加しました(コビープリスクールこだいら)

サムネイル:コビーサマーアドベンチャーに参加しました(コビープリスクールこだいら)

 8月17日、18日の2日間、すずらん組・カトレア組は、Coby Summer Adventure2016で群馬県にあるかたしな高原へ出かけました。
 当日は、台風が来るのではないかと天候がとても心配でしたが、台風一過の晴天のもと、戦場ヶ原でのトレッキング、魚のつかみ取り、トワイナイトハイク、野菜の収穫などのアクティビティを行ってきました。
 戦場ヶ原でのトレッキングでは、5つのチェックポイントを探しながら、カトレア組は終始、すずらん組に声をかけて歩いていました。魚のつかみ取りでは、水の冷たさに驚いている子が多かったですが、他の園のお友だちが頑張っている姿を見て、絶対に捕まえるぞ!と思ったようで、どの子も頑張って掴まえようと必死になっていました。トワイナイトハイクでは、残念ながら曇ってしまい、夕日を見ることはできませんでしたが、「山が多いね!」「山と同じ高さだね!」と小平との景色の違いを感じていました。
 保護者と離れ、大自然の中で過ごした2日間で、出発時から見違えるように、一回りも二回りも成長した子どもたちです。お迎えに来られた保護者の方々も、自分のお子さんの成長ぶりに目を潤ませている方もいらっしゃいました。


サムネイル:コビーサマーアドベンチャーに参加しました(コビープリスクールよしかわステーション)

サムネイル:コビーサマーアドベンチャーに参加しました(コビープリスクールよしかわステーション)

 カトレア組とすずらん組が、8月19日、20日の1泊2日で「COBY SUMMER ADVENTURE 2016」に参加し、群馬県利根郡のかたしな高原に行ってまいりました。
初日は戦場ヶ原のトレッキングから始まり、美しい自然が広がる約4.5kmの距離をみんなで歩きました。川のせせらぎや鳥の鳴き声なども堪能しながら5つのチェックポイントを探し当て、最後に見た大迫力の湯滝には子どもたちも歓声をあげて、疲れも吹き飛んだ様子でした。かたしな高原に着いてからは、魚のつかみ取りやベアーベル制作、ボルダリングやターザンロープにも挑戦し、夕方になると山々が夕日に染まっていく素晴らしい風景も眺めることができました。夕食を食べた後のナイトフェスでは、夜空を舞台にたくさんの花火が打ち上げられ、子どもたちは目を輝かせて喜んでいました。
2日目は、朝の高原を散策に始まり、野菜収獲やドローンでの空撮体験を楽しみました。今年度からICT保育に参加しているカトレア組は、iPadを使って画像に残したい思い思いの写真を撮り、たくさんの発見もしました。
2日間、大自然でのミッションを達成した子どもたちの表情は生き生きと自信に溢れ、大きく成長した姿をみせてくれました。


サムネイル:コビーサマーアドベンチャーに行ってきました(コビープリスクールよしかわ)

サムネイル:コビーサマーアドベンチャーに行ってきました(コビープリスクールよしかわ)

 カトレア組すずらん組が、コビーサマーアドベンチャーで、群馬県にあるかたしな高原に行ってきました。
 当日の朝、マウントキングに会えるのを楽しみに、みんな張り切ってバスに乗り込んでいました。2日間で、戦場ヶ原のトレッキングや魚のつかみ取り、ネイチャークラフト、トワイライトハイク、野菜収穫など色々なことに挑戦しました。トレッキングでは4㎞という道のりを歩き、疲れた表情の子もいましたが、お弁当をとても美味しそうに食べ、ゴール地点にある湯滝を見ると達成感に満ち溢れた表情をしていました。マウントキングから与えられたミッションも次々に達成し、帽子に増えていく缶バッジをとても嬉しそうにしていました。帰りのバスではぐっすり眠っていましたが、園に到着すると保護者の方へ色々な話をして元気いっぱいな様子でした。
 2日間で様々な経験をした子どもたちは、一回りも二回りも成長した姿を見せてくれています。これから、1泊2日でどんなことをしたのか写真をスライドショーにまとめ、スイトピー組、なのはな組、すみれ組、つぼみ組への報告会を行う予定です。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場