コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

 THE COBY CUP 2019まであと10日!
 本日は、コビープリスクールみなみおおいずみ、こだいら、よしかわ、よしかわステーションのチームの練習の模様をご紹介します。

■コビープリスクールみなみおおいずみ
 みなみおおいずみからは、「ラベンダーキャッツ」としてカトレア組13人が出場します。
 今年度に入ってから、常に大会を意識しながら、毎週のサッカー保育や普段の保育をしてきました。
 最初は、試合をしてもルールが難しかったり、どうすれば点数を決められるのかがわからなかったりして、なかなかサッカーが楽しむことができないことがありました。ですが、練習を重ねるたびに、少しずつルールを理解し、得点を入れる喜びも知りました。冬になってからはオフェンス、ディフェンスに分かれての練習が多くなってきて、自分が試合に出たときはどのような動きをすればいいのか考えるようになりました。
 最近では大会でどのようにして試合に勝つのか作戦を立てて練習をして、とても楽しみにしています。


■コビープリスクールこだいら
 こだいらからは「マリーゴールドパワーズ」が参戦します。
 日中は自分たちから「サッカーをしたい!」といって、積極的に練習をしています。練習試合では、チームごとに作戦も考えてています。大会間近の今月は、他園お友だちとも2日間練習試合を行っています。その中で、協力することの大切さや大変さ、勝つ喜びや負ける悔しさも味わいました。いろいろな刺激を受け更に"勝ちたい"という気持ちが強くなってきているところです。

■コビープリスクールよしかわ
 よしかわからは「イエローアリゲーターズ」「イエローパンサーズ」が参戦します。
 コビーカップに向けて、サッカー保育に加えて、日中もサッカー練習に取り組んでいます。
 ドリブルからシュートをしたり、順番にキーパーを交代してシュートを受けとめたり、「もっと強く蹴った方がいいよ!」「ナイスシュート!」などと、子どもたち同士で声をかけ合い楽しみながら行っています。練習を通じて、チームメイトへ対する思いやりや転んだり倒れてもすぐに立ちあがってまたボールに向かっていく強い気持ち、失敗しても前向きにプレーに戻れるようになるなど、身も心も強く成長してきました。
 大会までの残りの時間を大切に、心をひとつに全員で最後まで全力で戦えるように引き続き練習に励んでまいります。


■コビープリスクールよしかわステーション
 よしかわステーションからは、「パープルアベンジャーズ」「パープルソルジャーズ」が参戦します。
 カトレア組になり、最初のサッカー保育から大会を意識して練習をしてきました。初めはボールを追いかけることに必死で、コートからボールを出してしまうことがほとんどで、なかなかゴールを決めることができませんでした。練習を重ねていくにつれて、コートからボールが出る前に足で止め、自分が今どういう動きをしなければいけないのか、どこにいた方がボールをもらえるのかなどを自分たちなりに考えながら練習するようになり、ゴールを決められる子も増えてきました。
 今年に入り、ますます大会への意識が強まり、作戦を立てて練習により積極的に取り組むようになりました。「メダルをもらう!」「優勝する!」と意気込んでいる子どもたちの気持ちが日に日に強くなっているようです。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場