コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:Meets the Santaに参加しました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:Meets the Santaに参加しました(さくらんぼ保育所)

 14日(木)に、Meets the Santaに参加しました。
 当日は朝から、サンタさんに会えることを楽しみに登所してきた子どもたち。「サンタさんくるかな?」「どんな人だろう?」と想像を膨らませながら、お友だち同士で話す姿が見られました。
 そして、いよいよサンタさんに会える瞬間がやってきました。存在感の大きさに圧倒されながら、しっかりと見つめる子どもたち。子どもたちの胸の高鳴りが、私たち職員にまで伝わってきました。Meets the Santaでは、サンタさんに質問をしたり、お願い事を話したり、握手やハグをしていただきました。初めは緊張していた子どもたちの表情も次第に和らぎ、笑顔になっていきました。その後、この日のために心を込めて書いたお手紙をサンタさんに渡しました。サンタさんが手紙を開き、じっくりと目を通してくださる様子に、ドキドキが止まらない子どもたちでした。
 短い時間でしたが、ロマンチックな時間を過ごした素敵な一日でした。


サムネイル:イルミネーションを点灯しました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:イルミネーションを点灯しました(さくらんぼ保育所)

 12月に入り、街もクリスマスムードが高まり、賑やかになってきましたね。
 保育所では1日(金)に、午後4時からイルミネーション点灯式を行いました。皆のカウントダウンに合わせ、BGMとともに園内のツリーと外観のイルミネーションが一斉に点灯し、美しい光で包まれました。その瞬間、子どもたちやご参加いただいた保護者の方から大きな歓声が上がり、笑顔が広がりました。
 その後、保育士より'すてきなホリディ'の合唱のプレゼントをしました。クリスマスソングに耳を傾けながら、うっとりとツリーの灯りを見つめる子どもたちの表情が、とても可愛らしかったです。ツリーの光を頼りに、サンタクロースが保育所に来てくれることを子どもたちは楽しみにしているようです。 スタッフ一同、子どもたちの温かな夢を大切にしてまいります。
 イルミネーションは25日のクリスマス当日まで点灯します。ぜひご家族皆さんでお楽しみください。


サムネイル:凧揚げを楽しみました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:凧揚げを楽しみました(さくらんぼ保育所)

 22日(水)に、凧揚げに参加しました。
 自分で作ったオリジナルの凧を早く揚げたいと、子どもたちはこの日をとても楽しみにしていました。当日は今年も絶好の凧揚げ日和となり、若木山公園に移動しました。まずは保育士による六角凧や連凧のデモンストレーションがあり、皆で見学しました。ぐんぐんと揚がっていく凧に歓声をあげ、目を輝かせていました。子どもたちの番になると、自分で作った自慢の凧を手に持ち、公園内を走り回って凧揚げを楽しんでいました。風をよく受け揚っていく凧に、子どもたちの今後の成長を願った一日でした。


サムネイル:焼き麩体験をしました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:焼き麩体験をしました(さくらんぼ保育所)

 山形では初雪が降り、初冬の訪れを感じます。ちらちらと空を舞う初雪に、子どもたちは大喜びで窓の外の景色を眺めています。
 保育所では、20日(月)に、風に揺らぐ紅花六田宿の先生方のご協力のもと、年長組を対象に焼き麩体験をしました。焼き麩は、東根の伝統食材であることを話していただき、180年も前に生まれたことを知り、子どもたちは驚きと同時に関心を寄せていました。
 その後、焼き麩のもとの生麩を焼き棒に巻く作業を教えていただきました。生麩の感触に、「もちもちする」「ぬれている!」などお友だちと話していました。長い焼き麩に仕上がるようにと、生麩を隣り合わせにくっつけながら慎重に取り組んでいました。
 焼台に乗せると、あっという間にふんわりと膨らみ、香ばしい香りがホール中に漂いました。生麩から焼き麩に変わっていく様子に子どもたちの目は釘づけになり、「良い匂い!」「美味しそう。」と大興奮でした。
 焼きたての麩にジャムをつけて、皆で試食しました。できたての瞬間にしか味わえない焼き麩に、満足そうな笑顔が広がっていました。


サムネイル:七つのお祝いを行いました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:七つのお祝いを行いました(さくらんぼ保育所)

 15日(水)に、七つのお祝いを行いました。
 初めにホールで七つのお祝いについての由来や、参拝の仕方を聞きました。年長児の子どもたちは、自分の成長について感じたことをお友だちと話す姿も見られました。
 その後、近くの若木神社へ参拝に向かいました。天候が心配されましたが、次第に澄み切った青空が広がり、お友だちと手を繋ぎ歩いて行きました。境内では、緊張している様子もありましたが、心静かに手を合わせてくることができました。
 降所の際には全園児に健やかな成長を願って、千歳飴をプレゼントさせていただきました。今後も健やかに成長され、たくさんの思い出もできるように、スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場