コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:おまつりあそび、おみせやさんごっこに参加しました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:おまつりあそび、おみせやさんごっこに参加しました(さくらんぼ保育所)

 夏らしい日差しが降り注ぐ3日(木)に、おまつりあそび、おみせやさんごっこを行いました。
 登所時から、浴衣や甚平を着てきたことを喜ぶ姿がたくさん見られました。おまつりあそびでは、年長組がおみこしを担ぎ、園庭を練り歩きました。「わっしょい、わっしょい!」と全員でかけ声をかけ、活気のある神輿渡御となりました。保護者の皆様の声援も子どもたちの力となったようです。ご参加ありがとうございました。
 その後はおみせやさんごっこを行いました。今年度は、焼きとうもろこし、駄菓子、リンゴ飴、金魚すくい、お面、水ヨーヨーの出店が並びました。店主を務めていた年長のお友だちは、「いらっしゃいませ、おいしいですよ」とアピールし、買い手のお友だちは、「これは何味ですか?」と聞くなど、まさに本物の出店のようなやりとりを繰り広げていました。手をつなぎながら出店を回る子どもたちの表情は、笑顔であふれていました。昼食では、ファミリーグループで会食し、焼きそばや枝豆など祭りの定番メニューを口いっぱいにほおばって味わっていました。
 子どもたちにとって、かけがえのない夏の思い出がまた増えた一日だったようです。おまつりあそび、おみせやさんごっこへのご協力、ありがとうございました。


サムネイル:夏を満喫しています(さくらんぼ保育所)

サムネイル:夏を満喫しています(さくらんぼ保育所)

 夏らしい日差しが降りそそぎ、園庭のひまわりも気持ちよさそうに背伸びをしています。待ちに待った盛夏の到来に、子どもたちも毎日のプール遊びや水遊びを楽しんでいます。初めは、水を怖がっていた子も、少しずつ慣れていくことで楽しめるようになってきました。歓声をあげながら、水の気持ち良さを身体中で感じているようです。
 保育所の菜園では、ミニトマト、ゴーヤ、ナス、パプリカなどの夏野菜がたくさん実り、収穫を楽しんでいます。草取りや毎日の水あげなど日頃から世話をしている分愛着があるようで、夏野菜の生長を気にかけて見ています。収穫の時には「こんなに大きくなった!」「おいしそう」など気付いたことを話しながら収穫しています。収穫した夏野菜は、調理してもらい昼食で味わっています。自分たちで育てた野菜の味は、いつも以上においしく感じているようです。今後の収穫も楽しみです。


サムネイル:元気に過ごしています(さくらんぼ保育所)

サムネイル:元気に過ごしています(さくらんぼ保育所)

 関東甲信越地方まで、梅雨が明け、東北地方の梅雨明けも目前です。
 毎日暑い日が続いていますが、子どもたちは毎日元気よく過ごしております。朝のお集まりでは、週の歌の「アイスクリームのうた」や「おばけなんてないさ」をうたい、本格的な夏の到来を心待ちにしている様子が見られます。
 子どもたちは来月のおまつりあそび、おみせやさんごっこに向けての準備を始めています。0、1歳児は、フィンガーペインティングで花火を表現した壁面制作を作り、2歳児は、うちわにスイカを描きました。思い思いの表現が広がりを見せ「できた!」のかわいい声が保育室に響いていました。3~5歳児は、ファミリーグループ活動の中で、出店に出す商品作りを行っています。どんな商品が売れるのかをリーダーを中心に考え、協力し制作が進んでいます。
 引き続き子どもたちと一緒に準備を行いながら、当日は夏を満喫できる一日になるよう、スタッフ一同、盛りあげてまいります。


サムネイル:保育参観を行いました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:保育参観を行いました(さくらんぼ保育所)

 さくらんぼ保育所では、年に1回保育参観を行っています。今年度は4日(火)と5日(水)に3歳以上児を対象に保育参観を行いました。
 朝のお集まりでは、後ろにいる保護者の方の視線を気にしながら、週の歌の"たなばた"を元気よくうたう姿が見られました。保護者の方へ伝わるようにうたう気持ちが溢れていたように思います。
 その後は、クラス活動へ移行しました。3歳児のすみれ組は、ゲーム"フルーツバスケット"を行いました。ゲームの中では、元気よく発言する姿や動き回る姿がたくさん見られました。その後の室内遊びでは、仲の良いお友だちを紹介し、一緒に遊ぶ微笑ましい場面も見られました。
 年中児、年長児は7月の制作やサッカー保育を行いました。制作では、真剣な眼差しで保育士の話を聞く姿があり、昨年よりもぐっと成長した姿がありました。サッカー保育では、ナンバーコールやドリブル練習をし、いきいきと参加していました。保護者の皆様の応援にいつも以上の力が湧いたようでした。
 参観後はどのクラスからも、「楽しかった!」という子どもたちの声が聞こえてきました。
梅雨の真っ只中で、両日ともに雨降りの、お足元の悪い中でしたが、ご参加いただきありがとうございました。今後も「楽しかった」の声や成長した姿を大切にしながら、スタッフ一同保育を行ってまいります。


サムネイル:プラネタリウムに行ってきました(さくらんぼ保育所)

サムネイル:プラネタリウムに行ってきました(さくらんぼ保育所)

 29日(木)にさくらんぼ保育所の年長児つき組、ほし組はプラネタリウムを見に行ってきました。
 村山市の北村山視聴覚センターまでバスに乗って向かいました。バスの中では、「どんな星空かな?」「お昼なのにどうして夜空が見えるのかな?」とお友だちとプラネタリウムを楽しみにしながら話す姿が見られました。
 視聴覚センターに着き、プラネタリウムの部屋に入ると、周りの機械などを見ながら、期待が膨らんでいる様子でした。
 プラネタリウムが始まると、昼の空から夜空に変わっていく情景に歓声をあげながら見入っていました。上映のテーマはこと座のベガ、わし座のアルタイル、白鳥座のデネブの夏の大三角についてでした。ロマンが溢れる夜空の話に子どもたちは夢中になり、帰りのバスの中では「今日は夜になったら星を見てみようか」「こと座が見えるかも」と話していました。
 星空への関心を今後も育みながら、七夕を楽しみにしていきたいと思います。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場