コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:修了証書授与式(コビープリスクールみさとながとろ)

 16日(土)に、修了証書授与式を執り行いました。
 心も身体も立派に成長した子どもたちが修了証書を受け取る姿やご両親への感謝の思いを綴った作文を読み上げる姿、お別れの言葉や歌声を披露する姿に、会場中が温かな感動と涙に包まれていました。
 今年度は30名の子どもたちが新たな期待と希望を胸に、巣立ちの時を迎えます。4月になって桜の花が満開の時期を迎える頃には、ピカピカのランドセルを背に、元気に小学校に通う姿が見られることでしょう。


サムネイル:節分会(コビープリスクールみさとながとろ)

サムネイル:節分会(コビープリスクールみさとながとろ)

 1日(金)に、2月の誕生会と節分会を行いました。
 節分会は、季節の分かれ目に邪気(鬼)を払い、幸せ(福)を招くために豆まきを行うという伝統行事です。毎年行っている豆まきですが、子どもたちにとっては、怖い鬼にいかにして立ち向かうかという、自分の中の勇気が試される行事でもあります。
 誕生会終了後、まずは行事の由来についての話があり、いよいよ豆まきが始まりました。はじめは年長児クラスのカトレア組が鬼面を被って各部屋を回りました。小さいクラスの子たちもお兄さん、お姉さんの真似をして豆をまく様子が見られました。カトレア組の鬼が退散した後は、いよいよスタッフが扮する鬼の登場です。太鼓の音とともに鬼が現れると、果敢に立ち向かう子、逃げる子、泣く子、泣きながらも豆をまく子など、子どもたちの反応は様々でしたが、「鬼は外!」と声を振り絞って豆をまき続け、やっと鬼は逃げて行きました。最後は週の歌の「豆まき」を元気にうたい、節分会は終了しました。鬼に立ち向かい、見事退治した子どもたち。春とともに幸福な一年が訪れることでしょう。


サムネイル:お別れ遠足(コビープリスクールみさとながとろ)

サムネイル:お別れ遠足(コビープリスクールみさとながとろ)

 先月29日(火)に、カトレア組はお別れ遠足で東京ディズニーランドに行ってきました。
 当日は少しだけ風が冷たかったものの、気持ちの良い晴天となりました。ワクワクしながらバスに乗りこみ、いざ出発です! 到着すると、なんとタイミングよくミッキーマウスが出迎えてくれるというサプライズがあり、子どもたちは大喜びでした。
 午前中はジャングルクルーズ、ウェスタンリバー鉄道、魅惑のチキルーム、ビッグサンダーマウンテンへ行き、午後はイッツアスモールワールド、スプラッシュマウンテン、ミッキーのフィルハーマジック、スティッチのエンカウンター、カリブの海賊、カントリーベア・ジャンボリーへ行きました。ビッグサンダーマウンテンとスプラッシュマウンテンでは、ジェットコースターは初めてという子もおり、不安げな子もいましたが乗り終えると「楽しかった! もう一回乗りたい!」という声が聞こえてきました。
 昼食はハングリーベア・レストランでカレーライスとハンバーグのランチを美味しくいただき、おやつは期間限定フレーバーのポップンキャンディー味のチュロスを堪能しました。
 たっぷりと遊んで大満足の子どもたちは、帰りのバスの中では皆ぐっすりと眠っていました。 
 お友だちや保育士と楽しく過ごした今日のお別れ遠足が、子どもたちの心のアルバムの中で大切な思い出の1ページとして刻まれてくれたらとても嬉しいです。卒園まで残りわずかな日々を、子どもたちと一緒にこれからも大切に過ごしてまいります。


サムネイル:保育表現発表会を開催しました(コビープリスクールみさとながとろ)

サムネイル:保育表現発表会を開催しました(コビープリスクールみさとながとろ)

 20日(日)に、保育表現発表会を行いました。
 本番に向けて、子どもたちは毎日練習を頑張ってきました。広いステージに立ち、たくさんの観客の前で演じるという大きなチャレンジに挑むとき、どの子もきらきらと光り輝いていました。そんな子どもたちの姿は、会場にお越しの皆さまに感動と笑顔を与えてくれたことでしょう。
 子どもたちにとって、本日のステージで光り輝いた経験が、未来へと向かう大きな力となってくれることを強く願っております。


サムネイル:Christmas Celebration2018(コビープリスクールみさとながとろ)

サムネイル:Christmas Celebration2018(コビープリスクールみさとながとろ)

 8日(土)にChristmas Celebration2018を開催しました。
 Christmas Celebrationでは、スペシャルドリンクとクッキーを味わいながら、スタッフやスペシャルゲストによるクリスマスコンサートを楽しみます。
 まずはスタッフによるセッションを披露しました。ピアノの他にウィンドシンセサイザー、サックス、カホンなどの楽器が登場し、軽快なリズムに会場からは手拍子が湧き起りました。続いて登場したのは、スペシャルゲストである音楽保育講師の藤原 聡子先生です。聡子先生の美しいピアノの音色に、会場中がうっとりと聴き入る様子が見られました。そして、最後は全スタッフによる合唱『ホール・ニュー・ワールド』を披露しました。今年度から演出を少し変えていますが、子どもたちも保護者の皆さまも、一緒に楽しんでいただけたようでよかったです。お忙しい中、お越しいただきありがとうございました。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場