コビー保育ブログ/コビープリスクール園内の様子や、行事、園長先生の取り組み等のご紹介です。

ENTRY

サムネイル:ヒマワリの種をまきました(コビープリスクールみさとたかの)

サムネイル:ヒマワリの種をまきました(コビープリスクールみさとたかの)

 16日(金)に、カトレア組がヒマワリの種をまきました。
 背丈や花の数、大きさの違う6種類の中から、子どもたちと相談して、「ロシア」「バレンタイン」「サンゴールド」の3種類を選びました。
 当日は、カトレア組だけではなく、他のクラスの子どもたちもヒマワリの種まきを心待ちにしており、皆、カトレア組がまく様子をじっと見つめていました。カトレア組は、そっと花壇に穴をあけ、種を埋めていました。中には、「明日、花が咲くといいね」と話している小さい子もおり、ほほえましかったです。
 夏の太陽のように、青空に向かって真っすぐに伸びるヒマワリがきれいな花を咲かせる時を楽しみに待ちながら、コビープリスクールみさとたかのの子どもたち皆で観察しながら、大切に育てていきたいです。


サムネイル:ヒマワリの種をまきました(コビープリスクールみさとながとろ)

サムネイル:ヒマワリの種をまきました(コビープリスクールみさとながとろ)

 16日(金)に、年長児クラスのカトレア組がヒマワリの種をまきました。
 種まきの前日には、6種類の種の中から3種類の種を選ぶための話し合いをしました。まずは6種類の種を手に取って、大 きさ・形・色・模様・名前などそれぞれの種に特徴があることに気づいた子どもたちは、次に、ヒマワリの品種一覧表を見ながら、グループ毎にどの種がいいかを一人ひとり意見を出し合って考え、皆の前で発表しました。
 その結果、高さ・数・大きさなどに異なった特徴のある「ロシア」「グッドスマイル」「バレンタイン」の3種類の品種に決定しました。
 翌日の種まきでは、どの子もはりきって臨み、中にはヒマワリ模様のワンピースを着てきた子もいたほどでした。担任から一人ずつヒマワリの種が配られると、小さな種を落とさないように両手でそっと持ち、にっこりと笑顔を浮かべる子どもたちの様子が何ともいえず可愛らしかったです。そして、いよいよ土の中に穴を掘って種をまくと、最後は「大きくなあれ!」と願いを込めながらジョーロで水やりをしました。
 太陽に向かって鮮やかな黄色い花を咲かせるその日を楽しみに、これから毎日子どもたちと一緒に、ヒマワリの世話と観察を続けてまいります。ブログでも成長過程をお知らせしてまいります。


サムネイル:さまざまな行事に参加しました(コビープリスクールさくらのさと)

サムネイル:さまざまな行事に参加しました(コビープリスクールさくらのさと)

 9日(金)は、時の記念日にちなんでとけいやさんごっこを行いました。
 5歳児が店主となり、手作りの時計をお店に並べ、買い物の疑似体験を楽しみました。買い物は、普段一緒に給食を食べているファミリーグループで楽しみました。大きい子が小さい子と一緒にお金を出し、「どれがいい?」と優しく声をかけ、時計を一緒に選んでくれました。とても心温まる光景でした。
 理解力や協調性など様々な面で成長が著しい最年長児のカトレア組は、14日(水)に日本一のさくらんぼの産地、山形県までさくらんぼ狩りに出かけ、更にたくさんの経験をして帰ってきました。地元のお友だちと一緒に昼食を食べたり、さまざまな品種のさくらんぼ狩りを楽しみました。
 長い道のりでしたが帰ってきた子どもたちはとても元気で、「お友だち2人できた!!」「楽しかった!!」と、出迎えてくれた保護者や保育士に感想を伝えていました。
 子どもたちの経験や出会いを、今後も大切にしていきたいと思います。


サムネイル:ジャガ芋を収穫しました(コビープリスクールあたご)

サムネイル:ジャガ芋を収穫しました(コビープリスクールあたご)

 昨年度植えたジャガ芋の収穫をしました。
 子どもたちは、収穫を楽しみに毎日水やりを行ってきました。軍手を着けて準備をしている時から、「たくさんできてるかな」、「大きいのあるかな」と楽しみにする会話がたくさん聞こえてきました。最初は、そっと優しく土をどかすだけで、ジャガ芋は中々見つかりませんでした。しかし、掘り方が分かってくると夢中になってジャガ芋を見つけていました。今年は全体的に小さめでしたが、160個を収穫することができました。
 また、園の食育菜園には、トマトやナス、ピーマンの夏野菜も育てています。子どもたちは、戸外遊び時に観察したりと、今から収穫できる日を楽しみに待っています。


サムネイル:さくらんぼ狩り(ひがしね保育所)

サムネイル:さくらんぼ狩り(ひがしね保育所)

 14日(水)と15日(木)に、首都圏のグループ園の年長組のお友だちを迎え、ひがしね保育所の年長組がさくらんぼ狩りを楽しみました。
 子どもたちは前日から楽しみにし、昼食会場をセッティングしたり、お友だちの名前を覚えたりしてとても張り切っていました。首都圏のお友だちが到着し一緒に昼食をいただいくと、緊張せずに会話が盛り上がっている子やはじめは緊張して話ができずに下を向いてしまった子もいましたが、次第に皆笑顔が見られるようになりました。
 昼食後は、いよいよ子どもたちが楽しみにしていたさくらんぼ狩りに出発です。さくらんぼ公園に実っているいろいろな種類のさくらんぼを見て「うわぁ!」と歓声が上がり、「さくらんぼ赤いね」「見てみて! ふたごだよ」ととても楽しそうにもいでいました。ひがしね保育所の子どもたちはさくらんぼのヘタを上に向け上手にもいでおり、とても慣れているように感じられました。皆と一緒に収穫したさくらんぼは格別においしく「おいしい!」と大喜びで、大切そうに口に運んでいました。さくらんぼ狩りが終わると、首都圏のお友だちが大型バスに乗り、帰っていく姿を名残惜しそうにいつまでも手を振ってお見送りをしました。


ENTRY NAVI

RSS FEED

  • コビーおじさんのABC工場
  • COBY PRESCHOOLS
  • 資料請求はこちら

BLOG PARTS

コビーおじさんのABC工場