コビー最新情報/今後の展開・企業ニュース等の情報をお届けします。

ENTRY

 10月18日土曜日、秋晴れの晴天に恵まれ、コビープリスクールのだ保育園の『親と子のふれあい運動会』が開催されました。2008年度のコビーが運営するする6カ所保育園のうち、最後に開催された運動会です。それだけに、まさに2008年度のコビーにとっては、運動会の集大成となるものでした。
今年のコビープリスクールのだ保育園の運動会のテーマは、『Beijing Dream』。その名の通り、8月に開催された北京オリンピックを意識したテーマです。世界最高峰のアスリートたちが繰り広げるドラマを見て、子どもたちや私たち大人が体感した『感動』や、世界中の国々が参加するスポーツの祭典を花々しく彩ったオリンピックの開会式や閉会式の演出。きっと子どもたちは、『夢』や『希望』をもらったはずです。そんな北京オリンピックを意識して『Beijig Dream』をテーマにしました。
コビープリスクールのだ保育園の運動会の準備は、6月ごろから始まります。その当初から、「今年はオリンピックイヤーだから」、この言葉がいつのまにか職員の合言葉のようになり、オリンピックを意識したお遊戯の選曲や競技構成を考えたり、入退場に使用するマーチや競技中のBGMなどにもオリンピックをイメージさせる曲を盛り込んだりと準備は進みました。8月後半になると、北京をイメージしたお遊戯を創作し、衣装のデザインをスケッチで起こしたり、振り付けを考えたりと本格的な準備となりました。
9月からは、日常の『体育遊び』や『サッカー保育』なども今年の運動会の種目に合わせた保育カリキュラムを徐々に導入してきました。跳び箱やマット運動、かけっこやリレー、スケーターなどの保育が自然に行われます。そしてもちろん、お遊戯の隊形移動やリズムに合わせて体を動かすことなどを楽しみながら保育が展開されます。
10月に入ると子どもたちは、しっかりと運動会を意識するようになります。そして、かけっこやお遊戯の練習にと、熱がこもるようになります。この頃の子どもたちは、本当に一生懸命で、その表情やまなざしも真剣になってきます。こんな一生懸命な子どもたちのこの表情やまなざしを見ると私たち保育者は、この子どもたちのために「できることはすべて」「ベストを尽くそう」っていう気持ちが一層わいてきます。これが、「妥協しない」「徹底したこだわり」のコビー運動会にさせてくれるのです。
別の言い方をすると、保育士はお子さんにたいして「保育」をするのですが、その結果として、私たち保育者がその子どもたちから目に見えない偉大な「パワー」をもらって、また新たな「保育」につながっていくのだとしみじみ感じます。
運動会の前日に会場の準備をしていると、場所取りにきたある保護者(お母さん)の方に、「今年も一番いい場所で泣かせてもらいます。先生バスタオル持ってくるから」って言われました。
オリンピック以上の感動を与える子どもたちの「パワー」って本当に偉大だと思います。その「パワー」が私たち保育者の「夢」や「希望」をもたらしてくれます。


サムネイル:保育士就・転職セミナー出展しました。

 10月13日、東京都品川区の品川区総合区民会館きゅりあんのイベントホールにおいて開催された「キャリエール第5回保育士就職・転職セミナー」に出展してまいりました。コビーブースには、日常の保育風景の写真をはじめ、行事のDVDの放映やスタッフユニフォームの展示、さらにはコビーエコバックやAQULIA for cobyの配布などコビーブース構成は盛りだくさん。
もちろん、コビーのブースには、たくさんの新卒の保育士や栄養士志望の皆さん、経験者の保育士の皆さんにお越しいただきました。今回のコビーブースは、出展事業者の中でも最大のスペースだったのですが、コビーブースに入りきれなかったり、席が足りずに立ち見の方々が出てしまうほど多くの皆さんでコビーブースにお越しいただきました。お越しいただいた皆さまにお礼申し上げます。
セミナーでは、私自身がコビーに興味を持っている皆さんに、私の「保育にかける思い」を直接お話しさせていただきました。話の途中で皆さんと目線がしっかりと合うほど、本当に熱心に聞いていただいき、心から感謝しております。そしてもちろん、皆さんの「保育」という仕事にかける情熱を感じました。
コビーでは、『高品質は保育の提供』を実践してまいります。そのための最も重要なファクターの一つが保育者やそれに関係するスタッフ個々のモーティべーションです。一人ひとりの創造力を充分に発揮し、コビーと言う大きな組織としてのチーム力が発揮され、成功の喜びや感動を分かちあえる職場環境を実現します。
10月11日には東北地区仙台市でも会社説明会を開催いたしました。これからも、10月11月と首都圏を中心に全国各地でコビーの会社説明会や就職セミナーが開催されます。コビーをよく知ってもらい、コビーを大好きになってもらえるように、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。


サムネイル:コビーオリジナルミネラルウォーター《 AQULIA for coby 》

株式会社コビーアンドアソシエイツが運営する保育園・保育所においては、園児の飲料水としてナチュラルミネラルウォーターを採用しております。このナチュラルミネラルウォーターは、水の安全性、そして美味しさにこだわり奥秩父の源流水を使用してまいりました。この山からの恵みの水は、程良いミネラル分の硬度45の軟水です。水の美味しさを感じられながら、乳児のミルクにも使用できるミネラルウォーターです。
従来から、日常的にも飲料水として利用したいとのたくさんのご要望をいただいておりましたが、この度、コビーオリジナルブランド《AQULIA for coby(略称アクリア》として、500mlのペットボトルとして製品化されました。今後、運動会などの行事や遠足などで使用してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。


2008.10.08

AQULIA for coby

サムネイル:AQULIA for coby

サムネイル:AQULIA for coby

コビーで園児が日常の飲料水としているナチュラルミネラルウォーターが、《AQULIA for coby》として、コビーオリジナルの500mlのペットボトル化されました。
徹底したこだわりを持って実践している『保育』と同様に、『食育』へも徹底したこだわりを持って実践してまいりました。その一環として、元気に活動するお子さんが、毎日自然に飲む水として、奥秩父の源流から採取したナチュラルミネラルウォーターを日常の飲料水と採用しております。
従来、コビーでは、お子さんの飲料水には、水道水を煮沸した白湯や沸かした麦茶、ほうじ茶をあてていました。もちろんこれは、安全性を第一に考慮し、水道水であっても一度煮沸してから飲料にするというものでした。
そんな折、食育への大きなこだわりを持つコビーでは、、やはりすべての食の基本となる『水』について追及するという原点に立ち返りました。
先ずは、専門家から、「ナチュラルミネラルウォーター」と「ミネラルウォーター」や「ボトルドウォーター」などの違いを含めた水について専門的レクチャーをうけました。もちろん、硬水や軟水の料理に与える影響も検証しました。
そこから、ふんだん飲料としている水道水のpH値や硬度などを調査し、また美味しい水を求めて市販されている水のほとんどの製品の味比べなども行いました。そこから、いくつかの『水』の候補を選定しました。
選定した『水』の採水地には、私と当時シェフがガラスのグラスを持って出かけ、源流で持っていったグラスで水をすくって、色や味、特に「まろやかさ」「やわらかさ」や「甘さ」などを直接舌に感じ、もちろん小さいお子さんが飲んでも大丈夫な硬度などの検証も行いました。
その『水』を販売する事業者も訪れ、社長さんと直接お話しして、その水にかける思いや加工工場の安全性なども自分の目で実際に確かめてまいりました。
こんな過程を経て、選定した『水』が奥秩父の源流水です。この奥秩父の雄大な山々から湧き出る水は、「まろやかさ」があり、特に冷やすと「甘さ」を感じる水です。硬度については、ご家庭の水道水より少し柔らかい硬度45の軟水です。大自然の恵みの水です。
もちろん、このナチュラルミネラルウォーターを園内で子供たちの飲料にするためのサーバーの安全性にこだわり、とうとう水の販売事業者とウォーターサーバーの設計まで話し合い、なんとサーバーも製品化されてしまったほどのこだわり持って採用しました。
こんなこだわりの水が、いよいよ《AQULIA for coby》として、ペットボトル化されたものです。AQULIAは、販売を目的としてペットボトル化されたものではなく、遠足や運動会、もっと言うと、日常の元気な屋外活動時にも気軽に、「安心安全で美味しい水を飲めるように」とのコビー保育者の思いでペットボトル化されました。
運動会などの保育行事では、ご家庭の皆さまにもお配りいたします。コビーの子どもたちのためのこだわりの『水』をお楽しみください。