コビー最新情報/今後の展開・企業ニュース等の情報をお届けします。

ENTRY

 株式会社コビーアンドアソシエイツは、今後展開を予定する新規の直営保育園の開園について、ミサワホーム株式会社(代表取締役 竹中宣雄)と協力体制を構築することで基本合意しました。
 その第1弾として、東京都目黒区に4月開設予定の直営認可保育園『コビープリスクールかみめぐろ』の設置計画において、長年培ってきた保育実績をもとに現代の社会ニーズに合わせた最新の保育のノウハウと、住宅メーカーが持つ子育て機能の研究や商品開発の技術を融合させ、新しいスタイルの都市型保育園の開園を予定しています。

 コビーアンドアソシエイツは、直営の認可保育園コビープリスクールズの運営をはじめ、複数の公設民営型の保育施設の運営実績があります。そこでは、異年齢児交流保育と発達段階に合わせた保育を融合させ、独自に考案した"マトリクス保育"によって、「思いやり」「優しさ」を育みながらリーダーシップを育成する保育や、創造性や芸術性、知的能力、運動能力の発達を促す保育が特長です。また、長年の伝統で培ってきた保育に加えて、里山の自然のなかで保育を行う"コビーネイチャーナビ"や、大自然のなかで生きる力をつけることを目的とした"コビーサマーアドベンチャー"など、現代を生きる子どもたちが必要とする体験や経験の保育実戦で、保護者の高い人気を得ています。さらに、朝食の提供をはじめ、昼食やおやつは自園内調理の焼き立てデニッュの提供などをいちはやく始め、それらに使用する食材は、子どもたち自身が育て収穫した野菜や、産地や生産方法を厳選して使用するなど「食育」にも力を入れています。
 ミサワホームは、創立当初から「住まいは子育てのために」という信念のもと、住宅が担う子育ての機能について研究し、その成果を商品開発に反映してきました。最近では、一昨年の「GENIUS Link-Age/with kids (ジュニアス リンケージ・ウィズ キッズ)」から今年の「SMART STYLE-ZERO(スマートスタイル・ゼロ)」まで、3年連続でキッズデザイン賞を受賞するなど時代に合わせた子育て住宅を提案し評価されています。ミサワホームがこれまで培ってきた子育てについての経験と実績をもとに保育という分野にも積極的に取り組み、"住育"によって子どもたちの成長を応援するという企業理念を持っています。
 コビーアンドアソシエイツは、この理念に共感し、お互いのノウハウを提供し合いながら協力体制を構築していくことを決定しました。このような異業種同士のコラボレーションは、両業界で初の試みとなります。
 コビーアンドアソシエイツは、ミサワホームとの協力体制の構築によって、待機児童の多い都市部において保育園用地や物件の発掘の時間を短縮し、さらに株式会社が認可保育園を開園する際の懸案であった園舎の新築や改築にかかるイニシャルコストの軽減をはかり、コビーアンドアソシエイツの高品質な保育の提供を通じて、安心して子育てのできる社会の実現に努めてまいります。