コビー最新情報/今後の展開・企業ニュース等の情報をお届けします。

ENTRY

~保育園舎として全国初の8年連続受賞~ コビープリスクールズ2園同時 第11回キッズデザイン賞 受賞


 株式会社コビーアンドアソシエイツ(本社 千葉県野田市/代表取締役社長 小林照男)では、2017年4月に東京都練馬区で開園した「コビープリスクールしゃくじいだい」、神奈川県横浜市に開園した認可保育園「コビープリスクールつなしま」において、第11回キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会、後援:経済産業省・消費者庁・内閣府)を受賞しました。今回の受賞は、それぞれミサワホーム株式会社(東京都新宿区/代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)と共同での受賞となります。

 コビーグループとしては、2010年度の「コビープリスクールかみめぐろ」、2011年度の「コビープリスクールかめいど」、2012年度の「コビープリスクールよしかわステーション」「コビープリスクールみさとながとろ」、2013年度の「コビープリスクールこだいら」、2014年度の「コビープリスクールせきまち」、2015年度の「コビープリスクールあたご」「コビープリスクールはこざき」、2016年度の「コビープリスクールなかまちだい」「コビープリスクールみさとたかの」に続き、保育園舎としては全国初の8年連続での受賞となります。また、通算受賞点数は15点となります。

 「コビープリスクールしゃくじいだい」は、建築・空間、サービスにおいて、子どもへの安全に配慮されたものを顕彰する《子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門》、「コビープリスクールつなしま」は、子どもの感性・創造性の育成、多様な知識の習得や運動能力の向上に資する製品、建築・空間、サービスにおいて、新たな発想、工夫、手法があるものを顕彰する《子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門》で受賞しました。

【受賞概要】

■コビープリスクールしゃくじいだい(写真上:子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門部門)
 待機児童の年齢構成で多くを占める3歳未満児の対策として、低年齢児だけが通う園舎を計画しました。建物と敷地の関係上、2階建てとしなければならない構造でしたが、低年齢児の上下階への移動時間や安全性の観点から、階段ではなくスロープをデザインすることで魅力ある場としました。長くなった距離を利用し、アート・地域環境との出会い・書棚等の空間を配し、あきさせず、感じ、学べる場としました。また、保育士がどこにいても子どもに目を向け、見守れる空間構成として設えました。安心・安全を根底に、自発的好奇心が豊かに育つ施設を目指しています。


運営主体:株式会社コビーアンドアソシエイツ
設置種別:私立認可保育園
住所:〒177-0045東京都練馬区石神井台7-18-12
アクセス:西武新宿線 武蔵関駅 徒歩7分
定員:60名 
受入児童:生後57日から3歳未満児
開園時間:午前7時から午後8時
園舎構造:2階建・鉄骨造・準耐火
園舎延床面積:498.51㎡
園舎設計:ミサワホーム株式会社
施工:株式会社タケダサービス


■コビープリスクールつなしま(写真下:子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門)
コビープリスクールズの保育の基軸である、異年齢児交流保育と年齢別保育を掛け合わせた「マトリクス保育」の実践のために設計された園舎は、建物の中心に約24畳の広い吹き抜けを配置しました。これにより、1階・2階で生活する子どもたちに視覚的なつながりをもたらします。普段の保育や行事での異年齢同士の関わりに加えて、生活空間に一体感を創出することで、年長児は小さな子の愛らしい仕草や可愛らしい姿を日常的に目にして優しさや思いやりの気持ちを育み、小さな子は年長児の活動や自立的な生活習慣から多くの刺激を受け、育ちを促すことができます。
また、台形の敷地を効率よく活用するために、三角形にプランニングされた建物の姿もユニークです。大きな窓からは陽射しや風がふんだんに取り込まれ、吹き抜けを通して園舎全体に広がり、春のやわらかな陽光や初夏の匂いなど、季節によって変わる自然を体感できる快適空間となっています。


運営主体:株式会社コビーアンドアソシエイツ
設置種別:私立認可保育園
住所:〒223-0055 神奈川県横浜市港北区綱島上町91-1
アクセス:東急東横線 綱島駅 徒歩13分
定員:80名 
受入児童:生後57日から~就学前の児童
開所時間:午前 7 時~午後 8時
園舎構造:木造2階建て、準耐火構造
園舎延床面積:655.86㎡
園舎設計:ミサワホーム株式会社
施工:ミサワホーム株式会社

≪コビーグループ≫
 株式会社コビーアンドアソシエイツと社会福祉法人コビーソシオでは、認可保育園の運営に特化し、東京・神奈川・千葉・埼玉・山形に30園の保育施設を運営しています。「Quality Child Care and Solutions」を社是とし、感動を伴う高品質な保育および保育サービスの提供に取り組んでいます。高品質な保育の一環として、園児が多くの時間を過ごす園舎の役割を重視し、固定概念にとらわれない保育環境づくりを行っています。

※添付画像のデータをご入用の方は下記までお問い合わせください。

本件に関するお問合せ先
(株)コビーアンドアソシエイツ 経営企画部 広報担当 中林圭子 小田早希子
TEL 03-6452-3891 
FAX 03-3714-2570
Email k-nakabayashi@coby.co.jp