Coby's Media
こどもたちにわたしたちができること。

桜海老のかんたん春ピラフ

Coby's Kitchen

2019.04.01

炊飯器を使って簡単ピラフ! 桜海老とパプリカパウダーを使って春色に仕上げました。

 コビープリスクールズでは、毎月お配りする園だよりの中で、コビー総料理長のご提案する、季節の食材を使ったおすすめレシピをご紹介しています。

2019年4月号でご紹介したのは、桜海老やパプリカパウダーを使って春らしい色合いに仕上げた『春ピラフ』です。

ピラフとは、炒めた米を様々な具や出し汁、香辛料を加えて炊いた料理のことです。主にトルコ料理が有名ですが、インドから中近東を経て、南欧ギリシャにまで幅広く見られる米料理となっています。

今回は、米を炒め炊飯器を使って炊き上げることで、手軽に家庭でもピラフを作れるようなレシピで仕上げました。バターライスは、具材と米を別で炒め、炊飯器に入れ、湯、ローリエ、塩を加えて炊きます。桜海老としらすを乾煎りし、バターライスを加え、味を整えてピラフを完成させます。ぜひご自宅でも試してみてください。

レシピはクックパッドでも公開中です。ぜひ、フォローしてください。

桜海老のかんたん春ピラフの材料2名分

バターライス

160g
バター
15g
玉葱(みじん)
大さじ2
お湯
180cc
ローリエ
1/2枚
少々

ピラフ

桜海老(乾燥)
10g
釜揚げしらす
30g
玉葱(みじん)
大さじ5
マッシュルーム (5mmスライス)
小6個
バター
20g
パプリカパウダー
小さじ1/2
塩胡椒
少々
鶏がら(顆粒)
小さじ1
みつば(1.5~2cm)
1/5束

桜海老のかんたん春ピラフの手順

1
フライパンにバターを煮とかし、水でさっと洗ってザルにあげ、水分をよく切った米を加えて炒める。(中火、焦がさない)
2
1を程よく煮詰めたところに玉ねぎを加え、強火にしてさっと炒める。
3
2を炊飯器に移し、沸騰したお湯を加え、ローリエ、塩少々を加え、軽く混ぜてから炊飯する。
4
炊き上がったらバットなどに移し、米粒をつぶさないように手際よく混ぜ、余分な水分を飛ばす。
5
フライパンで桜海老、しらすを乾煎りする。香りが出るまで炒め、バットなどに移しておく。
6
5のフライパンをキッチンペーパーできれいにし、半量のバターを温め、玉葱、マッシュルームを炒める。
7
6を水分を飛ばしながら色をつけないように炒め、パプリカパウダーを加え、混ぜるようにさっと炒める。
8
別のフライパンに残り半量のバターを熱し、バターライスを加えて炒め、そこに5、7を加え混ぜながら炒める。
9
8を味見してから塩、胡椒、鶏ガラで味を調え、仕上げに三つ葉を加え混ぜ、皿に盛って完成。

桜海老のかんたん春ピラフのコツ・ポイント

●均一に炒め、米粒の表面にバターをコーティングするため、米の水分はよく切っておく。
●具材の玉葱、マッシュルームはバターライスとは初めから一緒に炒めるとピラフがべたつき食感が悪くなるため、別々に炒めてから合わせる。

RELATED関連リンク